あおぞらブログ

生きてる

4月

こんにちは、あおです。

 

さて。

ネタがない。

 

先月よりもさらに何もない。何だこの世の中は。僕はお出かけが多い人間なので自粛生活はなかなかに辛いですね。趣味が比較的インドアよりだったおかげで正気を保てているのだと思います。あとはプロ野球Jリーグ等々のイベントごとにあまり興味がないのも大きいかも(ライブを除く)

 

しかしそれでも生きています。生きていれば何かがある。

というわけで今月のお話をしていきます。

内容はありません。

 

 

職場復帰

ようやく元の職場に戻ることができました。地下帝国もとい工場から帰還すると、周りの先輩たちがちやほやしてくれます。同じ経験をした人からのねぎらいの言葉、とても嬉しいものでした。ナレッジワーカーに返り咲いた僕に待っていたのは大量の仕事でした。去年は2ヶ月かけてやったレベルの仕事7つを依頼され、6月までに終わらせろとのこと…流石に多すぎない??と思ってたんですけど、脱獄した僕にかかれば夜飯前です。

4月の頭に戻ったので、そろそろ1ヶ月になります。毎日何かしら新しいことに触れて、できることが増えていきます。おかげか、最近は時間が経つのが早く、日が経つのが遅いです。同じ仕事を続けるかはわからないけど、これからもこういう仕事をして生きていきたいと強く感じました。

 

本を読むということ

先月から読書を習慣にしたのですが、コロナでの自粛ムードと相まって読むペースが早い早い…どんどん読んだ本が積まれていっています。お金はどんどんなくなってます。日々の予定に支障が出ない程度に楽しむつもりなので、月10冊くらいのペースがよさそうですね。

あらためて「本を読むぞ!」と思うと、聞いたことはあるけど読んだことのない本に手を出すことができます。広く知られている名言がどういった流れで登場したかがわかると楽しいです。自分がうっすら感じていたことをデータによって再確認させられたり、自分と同じような悩みを持つ人が登場したりと、自分の経験と照らし合わせることができるのも楽しみのひとつですね。大人になるほど、本や映画などの物語は面白くなっていくものです。

ゴールデンウィーク10,000ページチャレンジ」を計画しているのですが、なんか予定が入りそうなので(オンライン飲みとか)無理かもしれん。5,000にしようかな。

 

最後に

いらん報告します。好きな人ができました。僕自身に興味を持ってくれている読者様が存在するのかは甚だ疑問なのですが、自分にとってそこそこ大きな変化なので書いときます。ここ数年何もなかったので、なんだか新鮮な気持ちです(21歳男性)

どうしたいとかはまだ考えてないけど、適当に応援なりしてくれると嬉しいです。

 

 

 

 

短めではありますが、読んでくださりありがとうございました!

 

マジでネタがないので、面白かった本を載せておきます。有名な本です。

www.nikkeibp.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

そこそこの企業に就職するために、私がしてきたこと

こんにちは。あおです。

 

学生にとっての就職活動というのは、それまでの人生で得たもの全てをぶつける場であり、社会人生活をより良い環境でスタートするための大切なイベントです。そういった時期でただでさえナーバスになっている学生が、新型コロナウイルスの流行による説明会等の中止で、さらなる不安を抱えていることと思います。

少し時期が遅いかもしれませんが、今回はそういった学生さんの一助となればと思い、こうして筆を取りました。会社選び、面接でのコツ、実際に就職してみて…等々について、感じたことをつらつらと書いていきたいと思います。

 

私の体験談ベースで語っていきます。全人類の就職活動に合致する内容ではないことをご了承いただき、あくまで参考としてお読みください。

 

 

 

 

 

 

1. プロフィール

まずは簡単に、私の経歴について書いていきます。

 

2014年 中学校卒業

2019年 高等専門学校(以下高専)卒業

2019年 輸送機器メーカー就職

 

以上です。 

 

 

2. 進学or就職の選択

4年生の終わり頃、高専の学生は卒業後の進路を決めなければなりません。卒業後は一般的に、以下の2種類のどちらかの道を選択します。

 

①進学

専攻科(高専版大学院のようなもの)への進学

大学への編入学

 

②就職

企業への就職

 

中学生、高校生、大学生でもこういった選択があると思いますので、似たようなものだと思っていただければOKです。

企業の面接で「なぜ進学しなかったのか」と問われることがありますので、進路選択の理由付けはしっかり行っておくべきだと思います。私の場合は「いち社会人として働くことで、大学で勉強するよりも早いスピードで成長できると思ったから」みたいな理由を準備していました。入学や編入学で面接のある大学もやはり「なぜ就職しなかったのか」といった質問があると聞きます。こちらも説明できる理由を考えておくと良いでしょう。内心は「勉強に飽きたから」「バイト代以上の給料をもらって、自由度の高い生活を送りたいから」「親に経済的な負担をかけたくなかったから」といった理由でしたが。

 

3. 企業説明会への参加

就職を選んだ学生のほとんどは、企業の行う説明会に参加します。ご自身の住んでいる地域の説明会を調べて参加してもいいですし、学校の就職担当の方に聞いてみてもいいでしょう。私は学校に貼ってあったポスターを見て、そこから説明会に参加しました。就職する上で必須ではありませんが、入社してから「思っていた会社と違った…」といった状況にならないために、参加しておくのが吉です。

説明会は0次面接と言われていますが、あまり気にしなくていいと思います。説明会には人事や広報以外の方も来ている場合がありますので、そういった方には特に、聞きたいことを素直に聞きましょう。

 

※選考会を兼ねているとお知らせされるイベントもありますので、事前に要項をチェックしましょう。

 

4. 企業の選び方

いくつかの説明会を経験すると、次は応募する会社を選びます。

就職できるか否かはさておき、現在の企業数は日本だけで400万社を超え、他国を含めると2億社と言われています。そのため、その中から自分にとって最も条件の良い企業を見つけることはほぼ不可能です。そこで人生が決まると思い込まず、自分の求める条件にそこそこ合致する企業を適当に選べばいいと思います。

 

ちなみに私の条件は以下の3点です。

  • 輸送機器メーカー
  • 年間休日120日以上
  • そこそこ高水準の収入

このあたりの情報は就活サイトを見れば載っていると思います。大手企業ほど口コミ数が多いので安心感がありますね。

 

 

とりあえず入社してみて自分に合わなかったら転職する。もしくは入社した企業に自分が合わせて好きになる。この2つのどちらかで、自分にあった社会人生活を送っていくものだと思います。最近は転職のハードルも低くなっていますしね。

世間ではよく「会社選びは恋人選びだ」と言われますが、70億よりよっぽど少ないので、もしかすると恋人選びよりも簡単かもしれません笑

 

5. 応募方法

応募には「自由応募」と「推薦応募」の2種類があります。

学校によってそれぞれの応募方法が決まっていることがありますので、就職担当に確認しておくと安心です。ちなみに私は推薦応募を使いました。

 

自由応募…1人で何社でも応募できる。受かりにくい。

推薦応募…1人1社が原則。受かりやすい。

 

この辺りは高校入試みたいなものですね。内定を出した際に確実に来てくれる推薦応募の学生がいると、企業は内定者数を調整しやすく余計なコストをかけずに済みます。推薦応募については、就職担当の先生に聞いたら教えてもらえると思います。

自由応募は反対に、自分で企業の公式サイトから応募します。大抵のサイトには「採用情報」みたいなバナーがあると思うので、そこから突き進んでいけばOKです。応募や審査のスケジュールは要チェックです。

 

6. 履歴書/エントリーシートの作成について

受ける会社が決まったら、履歴書やエントリーシートの作成に移ります。提出する書類やその順番などは企業によりますので、応募要項をよく確認しましょう。提出期限ギリギリに作るとどこかしらでミスるので、パパっと書いてすぐに添削してもらう…を繰り返すといいと思います。

企業からすると、学生は未知の存在です。なので、できるだけ多くの情報を履歴書、エントリーシートから得ようとするはずです。情報もりもり盛りだくさんで書いてあげましょう。逆に言えば、学生時代にどれだけ頑張って活動していようが、これらの書類に書かれないことは評価することができません。

面接においてはここに書いたことをベースに質問が来ますが、質問させるための箇所を作ると、詳しく訊かれなかった際に話せなくなってしまうのでおすすめできません。強いネタから順に、どんどん出し切っちゃいましょう。

部活動、サークル活動、プロジェクト等を経験している方は、それについて詳しく書くといいですね。「そこで何をしたか」が重視されるとはよく言われるんですけど、「なんのために参加したか」が話せると良いです。

残念ながらアルバイト経験の有無が重視されることはなく、「バイトリーダーとして~」といった話をするとネタ扱いされることもあります。

志望動機についてですが、自身の行動を含めて一貫性があると強いです。私は就職先を輸送機器メーカーに絞っていたので、卒業研究は交通事故に関するものを選びました。志望動機として「交通事故を減らしたい」のようなことを言った際に、行っている研究内容がその気持ちの証明となるからです。

 

7. SPI試験

面接前にSPI試験が行われる場合があります。あまり詳しくはないのですが、最低限の点数を取れれば問題ないと思います。あとは履歴書&エントリーシートに書いた内容に矛盾しないよう(アメリカへの留学経験があると書いておきながら英語での得点が低い等)意識しておきましょう。

自宅試験の場合は、頭のいい友達を呼んで一緒に攻略しましょう。

 

8. 面接

面接で最も大切なものは、まず間違いなく態度です。

私は面接練習をしてもらった先生に「面接の成否は開始30秒で決まる」と教えられました。先生の経験則らしいですが、おそらく確証バイアス(最初に良い人だと思ったら、その後は良いところを探しちゃうというぞという心理)によるものだと思いますので、科学的根拠も少しありそうですね。

よって面接を控えた学生は、面接の受け答えと同じくらい入退室の練習を行うべきだと思います。意識する点は…

  • 「失礼します」「ありがとうございます」等の挨拶をはきはきと大きな声で言う
  • 入室後に面接官全員の顔を見る
  • 移動は直線で、椅子に座る際もきびきびと動く

こんな感じです。

面接で話を盛る学生がいることを、面接官は知っています。自分の話を言葉で信じさせるのではなく、見た目や雰囲気で信じさせましょう。

質問への受け答えは、聞かれていることに対しての回答をしましょう。面接はアピールの場である前に、人との会話です。言いたいことを言うだけではいけません。それができれば、気の利いたことが言えなくてもOKです。

 

9. 落ちてしまったら

どれほど頑張っても、落ちてしまうことがあります。私も1社落ちました。

ただ、それは落ちた人に魅力がないわけではありません。前述の通り、企業選びは恋人選びのようなものです。恋人持ちに言い寄ってもいい返答が得られないように、足りている人材を求めないこともあります。

落ちても必要以上に落ち込まないために、4.企業の選び方 では「自分の求める条件にそこそこ合致する企業を適当に選べばいい」と述べました。また、そういった選び方をしていれば、いくつかの企業が候補に上がっていると思います。できることなら、それらを次の目標としてしまえばいいですね。反省は都度行うべきですが、ナンパのようなものだと思って根気よく続けましょう。

 

10. 入社してみて

そんなこんなで内定をもらって入社し、1年が経過しました。

その間に気づいたことを書いておきます。

 

①総合職採用を目指そう

単純作業でも給料の良い仕事はありますが、できれば他の企業でもやっていけるような技術を身に着けた方がいいな、と感じています。営業なら営業で、どこにいってもノウハウを活かすことができますからね。(任意の企業に転職するために、必要なスキルを習得できる企業に就職する、といったルートもあります。)

昨今では終身雇用制度が終わりを迎えると言われていますので、大きい企業に入れたところで安定した仕事ができるとも限りません。

 

 ②最後は運ゲー

こんなこと言っていいのかわかりませんが、最後は運ゲーだと思います。

望みの会社に入っても望みの部署に入れるかわかりませんし、素敵な上司に恵まれるかもわかりません。 私は上流の部署に送られ楽しく仕事ができていますが、私よりもできる同期が希望の部署に入れなかった姿を見ています。組織である以上、思い通りにはならないことだらけだと身を持って感じさせられています。選択肢はたくさんありますので、こだわりすぎないことも必要だと思います。

 

③企業選びについて考え直したこと

4.企業の選び方 では以下の3点を条件とした、と書きました。

  • 輸送機器メーカー
  • 年間休日120日以上
  • そこそこ高水準の収入

今になって「ここも意識しておけばよかったな」と感じる点が増えましたので、共有しておきます。

  • 有給休暇が取りやすいこと
  • 副業ができること
  • 業績や将来性

有休の取りやすさはとても大切です。イベントに行けるかどうかがかかっていますからね。あとの2つは人生設計をする際に意識したらいいなと思ったポイントです。就職してそれで終わりではなくて、どういった生き方をするかを考えておくと良さそうです。

 

 

11. 最後に

長くなってしまいましたが、体験談とアドバイスは以上となります。

内容についてやそれ以外でも、聞きたいことがあればいつでもご連絡ください。

 

この記事によって誰かの視野を広げることができたのなら、これ以上嬉しいことはありません。 お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

3月

こんにちは、あおです。

 

もう3月になりましたね。

桜も咲いて新しい年度に心を躍らせる時期であるはずなのに、世間はコロナの話しかしていません。つまらん!!!!!!!

AZALEAのライブに伊波さんのイベントに温泉旅行にデートの約束まで中止になってしまいました。普段は温厚な僕もさすがにブチ切れて、毎秒手洗いうがいをしています。

 

 

はい。ということで今月のことを書いていこうと思います。

 

4thカガライブ!

当時はTLお騒がせしました。

16日に僕の所属しているコピユニのライブがありまして、それに参加してきました。色々すごいのでとりあえずアーカイブ見てください。

他のブログやらで色々書いてるんで、多くは語らないことにします(手抜き)

www.youtube.com

 

お仕事のお話

12月から4ヶ月に渡って行われた工場での実習が、ついに終わりを迎えました。

 

おつかれ自分!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

毎日同じような仕事を繰り返してきたので、思い出がないんですよね。大人になると子供の頃より時間がたつのが早いアレです。日々の感動が減っていくにつれ記憶される出来事も減っていき、その日々がなかったことになっていく。もしかしたら本当の長生きって、いろんなことに心を動かされながら生きていくことなのかもしれませんね……頭を使わない仕事がとても退屈なので、こんなことを考えながら仕事をする4ヶ月間でした。単純作業は何も考えないぶん楽なんですけど、飽き性の自分にはちょっと合わないお仕事でした。給料少なくてもナレッジワーカーでいたいですね。

来月からはもとの職場に戻れるのですが、会議や出社の自粛、売上減による残業時間見直しがあるので、お仕事はスローペースになりそうです。寂しい。

 

静岡に行きました

暇だったので友達を連れてドライブに行きました。ドライブしただけなのであんまりネタがない。さわやかでハンバーグ食べたり、始めての浜松餃子を食べたりしました。

一日中ぼくの自動車で連れ回された友達は「車ほしいけどお金がなぁ…」とか言ってて「ちゃんと現実を見て生きてるんだな…」と感心してたんですけど、2週間後に「車買いました笑」ってLINE送ってきたのでたぶん頭悪いです。

彼は学生時代の同級生で愛知住みです(S君とは別)。割と近くに住んでるのに全然遊んでなくて、久々に会うことができました。卒業してから1年間違う環境で過ごしてきただけあって、全然考えてることが違って面白かったです。今から将来のこととか結婚のこととか考えてるみたいでめっちゃ大人!って感じがしました。

 

 

読書にハマりました

仕事で知的好奇心が満たされない生活を送っていたからか、たくさん本を読むようになりました。今週はハードカバーの本を2冊読んで、いまは次の本を読み進めているところです。つまり僕はいま、国木田花丸というわけです。

こうして本に浸かって過ごしていると、やっぱり自分は何も知らないんだなぁと改めて思うのです。これがまた気持ちいい。

 

というわけでこの記事を読んでくれているあなた。

ジャンルは問いませんので、何かおすすめの本があったら教えてください。

 

 

 

 

今回はこの辺で終わりにしようかな。

推しブログを紹介して締めたいと思います。サクッと読めるのでぜひ。

yamadai440b.hatenablog.com

 

と、いうわけで!

読んでいただきありがとうございました!

 

毎秒お気持ち表明しろ その③

お待たせいたしました?そうでもないか。

 

あおのカガラ4thブログ「毎秒お気持ち表明しろ」その③です。今回はちょっと身外向けかな?といいつつメンバーの名前とかバンバン使うと思うので、わからない単語が出てきたらお気軽にお尋ねください。

 

実は最初は①と②だけ書こうと思ってたんですけど、真面目な話だけしててもつまらんのでその③を書くことにしました。思いついたことを思いついた順番に箇条書きで書いていこうと思います。FFさんのパクリですが。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

 

 

  • 今回は他大学のコピユニの方が数人、現地参戦してくれました。ffさんの穂樽さんとシャイ煮さん、そして理科大黒澤ルビィさん(名前を聞いたことがある)が来てくれたらしい。グローバルですね。
  • 後日、シャイ煮さんがさかべーだの家に遊びに行ったらしいので羨ましいことこの上ありません。しかも一緒に踊ってるし。
  • もちゃとさかべーだがシャイ煮さんに僕の悪口を吹き込んだと聞きました。これまでの悪事がどこまで伝わっているのか、心配でなりません。
  • 他大学コピユニといえば、今回は筑波大学の会社?の輝日株式会社さんがYouTube liveでのライブ配信を行ってくれました。だいてつさん&教授さん、プロだ…
  • そたまき(Web制作やピンスポ操作をやってたメンバー)がすごいすごいと感動して、いろいろ話してくれました。あんまりわからんかったけど。
  • そうそう、そたまきの作ってくれたカガライブ公式サイト見ました?すごくないですか?見てない方はこんなブログ閉じていますぐ見てください。リンク貼っておきますね。

    kagalive.jp

  • 見ました?すごくないですか??よく見ると細かいところにこだわりを感じます。そたまきらしい。
  • そういえばこのサイト、ちょくちょく更新されてるんですよね。4thが終わってから僕とちくわのフリ素も公開されていました。(許可出してないよ!?)(別にいいけど!!)(ていうか既にフリ素!!)
  • その写真を撮ってくれたカメラマンがすごくて、曲ごとにフォーメーションを覚えて撮影ポイントを決めてるんですよね。スクフェスACみたいなことしてる。
  • しかもスタッフなのにダンス指導してるのウケません?諏訪ななかさんのオタクなので、さかべーだはたくさんアドバイスをもらったらしいです。
  • ゲネプロの際にもたくさん写真を撮ってくれていたので、本番はそっちのカメラばっかり見ちゃいました。もう少しLVカメラの方も見ればよかったかな。
  • というわけでWebサイトのしらすの欄、どうやら期間限定らしいので見たい方はお早めにどうぞ!
  • いろいろ内部事情的なことを書こうと思って始めたんですけど、書くことによっては各方面から怒られる気がしてきました。ので、読まれる可能性があることをちゃんと意識して今後の内容を決めていかなきゃいけませんね。ちなみにいま酔ってます。
  • 今回のライブに使った会場なんですけど、白山市松任学習センタープララという施設でした。そこの関係者のHさんがすごく優しくて、会場の設備の代金をアレしてくれたり、君ここの馬飛びのためにステージ作りを考えてくれたり、ピンスポ以外の照明を全て担当してくれたりしました。
  • Hさん、ラブライブ知らないのに、僕たちが踊る曲を本番前に聴きこんでくれたいたらしいじゃないですか。全然やらなくてもいいことなのに…しかも「たまにこういうイベントがあると楽しい」とまで言ってくれました。優しい…
  • 4thの出来事でいちばん感動したのはここですね。(いいのか?)
  • 完っ全に個人的な話なんですけど、僕は水曜の深夜から月曜の昼まで石川県にいたんですよね。その間泊めてくださった方々、本当にありがとうございます。いつもお世話になっております。
  • ゲネプロが終わってからたけまるの家でお酒飲んでたんですけど、気づいたら床の上で朝を迎えていました。朝食にお手製おにぎりを作ってもらおうとしていたのに、忘れてましたね。今度作ってもらいましょう。
  • 実は今回、昨年3月のカガラ2ndを見に来てくれた友達2人が現地参戦してくれてたんですよね。僕が去年ウィッグ忘れたときに届けてくれた救世主くんがそのうちの1人です。
  • 客席でχ’sのパフォーマンスを見ているときには気づかなかったので、その後ステージの上から見つけてびっくりしました。ラフェスで誘った時は来れないって言っていたのに。
  • ついでなので覚えているコメントを共有しておきますね。「海未ちゃんの子うまくね?推した」「絵里ダイヤって去年も出てた子?」「ルビィちゃんいい」「お前出るんかい」「本当はPSYCHIC FIREとデイドリに投票したかったけど、空気読んでワイスタと恋アクにした」
  • 救世主くんは彼女と付き合って何周年かの記念日だったらしいんですけど、わざわざ4thに来てくれました。いやそっち行け。
  • 3rdはキャスで見てくれてたらしいです。こうやって応援してくれる人を大切にしていきたいですよね。
  • 僕の知り合い枠でもう1人、学生時代の部活の後輩が来てくれました。なんか知らんけどカガラの人たちと接点があるんですよね。かっきーが引き寄せてカラオケしたんだっけ?忘れた。
  • 同じ部活の同級生に僕のコス写真を見せると言ってました。元部長としての尊厳があるので、できればやめてほしいです。
  • 他のメンバーは家族に見せてる(or見られた)って人が多くてびっくりしました。僕の場合は、部屋に音ノ木坂の制服を置いていたことを問い詰められたので親にはコピユニやってたことは話しています。けれど今は覚えていない、興味がないという状況です。
  • いちばんおもろいのは地上波でカガラが紹介されたときに親戚に見られたバレたさかべーだですね。森。
  • 各メンバーの家族がダンスの批評をしてくれるんですけど、案外褒めてもらえて嬉しいです。しかし僕がいい感じに見えたのなら、それは配信してくださった方々の技術です。
  • YouTube liveちょっと見たんですけど、僕らがMCしてる時の「陰キャかな?」というコメントを見つけました。言っていいこととダメなことがあるんだぞ。
  • そういえばメンバーの家族と現地にいた知らんオタクに「女の子かと思った」と言われました。誉め言葉らしいのでありがたく受け取っておこうと思います。
  • ある程度身内で固められた客席なので、知らんオタクからのお言葉は新鮮なんですよね。知らんオタク、メンバーのことどんどん褒めてください。
  • 身内はやっぱり変な人ばっかりでした。終始「あいかあぁぁぁ!!(小林愛香さんへの声援と思われる)」と叫ぶ人だったり、折ったUOを何本も金網に引っ掛けて「UOカーテン」と名付けて光っている人だったり…
  • 恋アクの治安は案の定でしたね。関東の大学からいらっしゃったHさん、見た目はかわいらしい女の子なのに実際はただの厄介でわろた。
  • カガラの純粋なメンバーが彼ら彼女らに染まっていくのを見て、少し複雑な気持ちです。いいのか…?
  • 今回、会場にプレゼントボックスを設置したんですよね。個人向けのお手紙が多かったんですけど、その他に変わったプレゼントもありました。酒とか。
  • なかでもカガラ内で盛り上がりを見せたのが「貨物時刻表」です。りーこさんからのプレゼントだったかな?
  • だいてつさんと教授さんが異様に食いついていて、「だって貨物列車の時刻表って普通の時刻表に載ってないんだよ!?」と力説してくれました。そ、そうなんですか…
  • あとはお菓子の差し入れもたくさんありましたね。終演後に楽屋で配って、みんなで「○○(贈り主)さんありがとーー!!!」って空にお礼を言ってました。差し入れしてくださった方、ありがとうございます。
  • そうそう、楽屋で残ったブロマイドの販売が行われたのですが、「欲しい人いますかー?」と声がかかってから数秒で完売しました。身内の需要がすごい。ちなみに僕はやまだいのサイン入りブロマイドをゲットしました。ちなみに今手元にあります。ふふふ…
  • 今回は新規ブロマイドだけではなく、再録ブロマイドが収録されていました。昨年10月の販売で買えなかった方にも優しい仕様ですね。前回もすぐに売り切れてしまったので。
  • 個人的な願望ですが、次回は限界オタクブロマイドもたくさん作ってほしいですね。里志ブロマイドのコレクションを増やしたい。
  • そういえばカガラ公式Twitterの質問箱にもブロマイドを求める声があったような気がします。需要は身内だけじゃないのかな。知らんけど。

ーーー(2020年3月28日)---

 

 

短いですが、ここいらで一旦投稿しようと思います!

なんか思いついたらその都度追記していく予定です。また「こんな話が聞きたい」「これについてもっと詳しく」「いやお前それは消せ」といった意見がありましたら、そちらも反映させていこうと思ってます。

 

と、いうわけで!

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!!

 

 

 

 

毎秒お気持ち表明しろ その②

ツイートもくっつけてるんで大丈夫かとは思いますが、本記事は別で投稿したものの続きとなっております。リンク貼っときますね。

aobox.hateblo.jp

 

それでは行ってみましょう。

 

2.カガライブについてお気持ち


ここからの話は不快に思う人がいる内容であると理解して書いてます。でも
、ずっと頭の中に置いといても辛いのでこうして書き起こしています。「嫌になったらブラウザバックしてね!」って言ってもここまで読んでくれてる人は最後まで見る人が大半だと思います。なので「こういう人もいるんだなぁ」くらいのノリで読んでくれると嬉しいです。読んだら意見くれるともっと嬉しいです。批判大歓迎です。

 

 

 
 
 
僕は昨年の春、カガラのキャストを卒業しました。
しかし卒業してもなお、スタッフとして在籍し続けました。
 
理由は単純に「メンバーとの関わりが欲しかったから」です。寂しかったんです。これからは家族も友達もいない環境で一人で生きていくんだって思うと、寂しくて仕方がありませんでした。カガラの人たちとの関係は、住む場所が変わったところで失われるようなものではないと思っていましたが、やっぱり物理的な距離って心理的な距離に影響を与えるものだと思うんです。だから続けました。

 

もちゃが先日のブログで書いてましたね。読みましたか?彼女は「カガライブでしか生きていけなくなるかもしれない」「カガライブに依存したくなかったから距離を置いた」と語っています。僕のしたことはそれとは真逆で。生きていくために、依存しました。

 

しかし、依存しながらもこう考えるのです。

「自分はカガラにいてもいいのか?」


 
僕の好きなカガライブは
「金沢」の「大学生」が「ラブライブのダンスを踊る」
というコンセプトで活動している団体でした。

 

※以下「コンセプト」という単語がたくさん出てきますが、これのことだと思ってください。


 
そうなると僕はどれにも当てはまっていません。愛知県で会社員をしてるのに、在籍していい理由なんてどこにあるんでしょうか。それが許されるなら、例えば他県の高校生のスタッフ参加だって認められます。
多くのメンバーはそんなこと気にしていないように思いますが、そういうわけにもいきませんでした。僕自身、カガラの美しさは前述のコンセプトから生まれてくるものだと思っていたからです。大学生活における、いわゆる青春の1ページを好きなものに捧げる。素敵ですよね。限られた時間を精一杯輝こうとする…まさしくラブライブです。

だから、自分を含めた社会人がカガラに入っている現状には違和を感じますし、組織としてラブライブ以外のダンスを踊ろうという流れについても同様です。

 

とは言っても、他人については許容できます。組織として認められているのなら、なおさら文句はありません。社会人にはどんどん入ってもらいたいし、踊ってみたの活動を通してカガラの輪を広げていってほしいと思います。


でも、自分自身が違和感の原因となっている現状がとても嫌でした。

 

そんな時に2019年度金大祭、3rdライブが開催されました。

キャストの熱に当てられて、みんなとステージに立ちたい気持ちが生まれてきました。だからですかね、1日目の夜にノリでトキランを覚えて、2日目にさやべだと一緒に踊りました。でも。ちゃんと楽しかったんですけど、やっぱり「違う」と感じました。しかも、18年度メンバーに見送られて綺麗に卒業させてもらったというのに、まだカガラで踊ってる。自分はいったい何をしてるんだろう。

 

ダンスを純粋に楽しむため、踊りたい気持ち。

自分自身が大切にしているコンセプトを崩さないために、踊りたくない気持ち。

大好きな人たちの隣にいるために、踊りたい気持ち。

大好きな人たちから受け取った卒業公演を綺麗に保存するために、踊りたくない気持ち。

 

こいつらがずっと頭の中で戦ってるんです。どちらもちゃんと自分の感情で、自分のためのものです。だからこそ悩んでしまいます。そもそもスタッフとして在籍していることが正しいのかもわかってないというのに。

 

そんなとき、ちくわがSaint Snowのコピユニをする話を持ってきました。ちくわのことは好きだったし、Saint Snowも好きでした。一緒にやりたすぎる…そして僕は「カガラとは別の団体であること」を条件に、ちくわの誘いに乗りました。別の団体であればコンセプトを崩すこともなく、カガラの卒業に傷はつきません。あくまで形式的に、ですが。自分の踊りたい気持ちを優先させるために、踊りたくない理由を屁理屈でねじ伏せて、僕はしらすの活動を始めました。

 

 

 

今だから思うんですけど、しらす4th参加が決まってから聖良役発表ってちょっとやばいですよね。計算していたわけじゃないけど、コンセプト崩しマンの存在を批判されても「もう決定したので覆せませ~ん」「あくまでゲストなので」って言える状況だったんですよね。カガラの人たちはなぜそれを許してるのでしょうか。(やっぱりそれほどコンセプトにこだわりはないのかな。そもそもしらすに興味ない説はあるが。)

 

僕の参加でコンセプトに関する議論が起こる可能性も考えていたんですけど(その場合は揉める間もなく辞退するつもりでした)特にそういったこともなく、むしろ喜んでくれる人が多くて驚きました。

 

そんなこんなで4thにキャストとして参加させてもらうことになりました。しかし、ここまで進んできたというのに、最初からの悩みは消えません。自分が踊っていいのか。カガラにいていいのか。ずっとずっと考えていました。

 

2月の後半くらいだったかな。「4th終わったらカガラ辞めちゃおう」と思いました。繋がっていたかった友達は、自分がカガラにいなくても関わってくれそうだし。しらんけど。

4th終わってみたらまたボロボロに泣いて名残惜しくなっちゃうかもなと思ってたんですけど、そんなこともありませんでした。感動に慣れてしまったんですかね。それとも組織の仕事色が強くなったから?よくわからないけど。

「あ、この程度なんだ。もう依存しなくても生きていけるじゃん。」

そう思いました。

 

 

少しずれますが、しらすの話をします。

しらすの4th以降の活動については何も決まっていなくて、別にここでやめてもいいやって思ってました。しかし4th当日の夜、LVを見ていたという人からLINEが来て「かっこよかった」「次は現地で見たい」と言われました。コピユニ演者として最も尊敬している人からの誉め言葉と続投の要望です。

は?続けますけど??

心変わりしました。ちくわが良ければ、もうちょっとやってみようと思います。(ちくわくん、次の聖雪シングルについてめっちゃ楽しそうに話しているのでOKくれそう)

 

 

 

で、結局カガラもスタッフとして続けることにしました(なんやねん)

 

 

理由は主に3つで、こんな感じです。

1、憧れる人ができたから

2、応援したい人ができたから

3、一緒にやりたいと言ってくれる人がいたから

 

まだ自分を許せているわけではないんですけど、続ける理由と続けない理由を天秤にかけて決めました。昨日()

もう依存しなくても大丈夫だと気づけたので、ポジティブめな理由になりましたね。 今までとは違う方向でモチベが生まれて、なんだか晴れやかな気分です。これから頑張っていきたいな。「自分がカガラにいることを快く思っていない人もいるんだろうな」とはいつもいつも思うのですが、そういう方は大目に見てくれると嬉しいです。

 

はーーこんなことに3000字も使ってしまった。その③の雑談は小話とかいっぱい書きたいからこの程度じゃ済まないんだろうなぁ。みんなが知らないようなことも書きたいので待っててね。

 

つづく

 

 

毎秒お気持ち表明しろ その①

ごあいさつ

こんちは。あおです。

 

カガラ内でブログが流行してきて嬉しい今日このごろ。自分もお気持ち表明するかーという気持ちになったのでブログ書いて投稿しようと思います。完全に身内向け記事なんですけど、身内用アカウントは鍵付きでRTされないのでこちらのアカウントで投稿しようと思いました。読む前に「あおくんの記事、なんかいいこと書いてありそう!」とRTしてくれることを想定しています。よろしくおねがいします。しかし良くないこと、ネガティブなこともたくさん書くつもりですので、ご了承ください。なんか統一感出すために敬語で書きますが、距離とってるとかではないのでそちらもご了承ください。

 

今回は3部構成で進めて行きたいと思います。

 

1.各メンバーについてお気持ち

2.カガライブについてお気持ち

3.雑談

 

それでは行ってみましょう。

 

長くなりそうだったので記事を分けることにしました。

2、3はまた別記事で投稿します。

 

1.各メンバーについてお気持ち

もちゃ

たくさんお仕事してましたね。たぶん自分が知らないところでも沢山作業して沢山何かを生み出していたことでしょう。本当に尊敬しています。で、その多忙な中でもCitrus Snow(以下しらす)の活動に参加してくれてありがとうございます。動画撮影や編集やダンス指導…。たぶん周りの人が思っている以上に力を借りました。僕とちくわは振りを覚えた(覚えてない)くらいでしたし。いつも言っている「やりたいを大切に」精神なんですかね。メリットもほとんどないのに一生懸命やってくれるところ、すごく好きです。本年度のリーダー、お疲れさまでした。

 

つなこ

ステージを見てて改めて気付かされたんですけど、本当に美しいですね。僕は黒澤ダイヤのつなこがとても好きなんですけど、まさに「華やかさと存在感」って感じでした。就活やらで忙しい中でもダンスのクオリティを高く保ち、綺麗に丁寧に踊っている姿に感激していました。またグループ内の空気づくりをしている所も、隠れたすごすごポイントです。誰かが落ち込んでいるとき、険悪になっているときにすかさず的確なフォローを入れてくれること、とてもありがたく思っています。

 

ひよこ

練習見てて気づいたんですけど、ダンス非常にうまくなりましたね。3rdの頃は振りもあんまり覚えてなさそうで「大丈夫か…?」と思っていたんですけど。今回は自信満々で元気よく踊っていたので、「たくさん練習したんだろうな…」と一人で感動していました。今回はMCにも挑戦していたので、今後はもっともっと成長してくれるんじゃないかと期待でいっぱいです。普段の言動とのギャップで感動させるのちょっとずるいですよね()

 

さかべーだ

まずはお疲れさま。目に見えてわかるのは練習監督なんだけど、いろんなところに気を回して、いろんな人の気持ちを受け止めていたこともちゃんとあなたの活躍です。そういうのって誰でもできるわけじゃないのに誰かがやらなくちゃいけないし、べーだがいなくちゃ成り立たないこともあっただろうなと思います。こんな風にチームの運営に尽力しているかと思いきや、ダンスやMCのクオリティが高くてビビり散らかしていました。一体どれだけの時間をカガラに当ててくれたのか、想像に難いです。個人的な話はまた別の機会に言えたらいいな。ありがとう。

 

さやか

安心感のかたまり。さやハウスの寝室に敷かれた2枚の布団のベッド側に寝ているとき、タントの助手席で寝ているときがここ最近で最も落ち着く瞬間です。僕がこうしてカガラのみんなと繋がっていられるのは、実はあなたの存在があるからだったりします。しらすでもお世話になったしね。そして、カガラでは良くも悪くも無難キャラだなと思っていたんですけど、今回じっくり見てみるとダンス中のポージングがとても上手いことに気づきました。べーだに話したら納得してるみたいだったし、これはさやかのダンス講座開講待ったなしですね。

 

うーみぃー

本当に強い人だなと思っています。僕はあなたではないので、どれほど大変なことをしていたのかわかりませんし、どれくらい練習したらあのレベルになるのかもわかりません。しかし、その状況で解決策を出してまでキャストを始めることの勇気は、なんとなくですが想像できます。(そもそもキャストをやること自体ハードルが高いしね) なので、僕はそこに最大限の敬意を払いたいと思います。本当に、本当にお疲れさまでした。

 

やまだい

やまだい~↑↑ww 推しブロガーが気づいたらキャストになってましたね。本当にダンス初心者か?と思うくらい体の使い方がうまくて、見てて気持ちがいいです。特に春情、さやべだが強いのにちゃんと揃ってて感心するばかりでした。僕はあなたのことはあまり知らないけれど、ダンスとブログと周りの人からの話で好感度が上がり続けています。この前ご飯行ったときはお互いコミュ障だったけど、これから少しずつ話せるようになっていきたいなと思っています。また遊びましょう。

 

ゆきうさ

コピユニで小泉花陽役をする才能を持って生まれてきたような女の子ですよね() メンバーに隠していた前座の話を間違ってバラしてしまった時とか、心の中で「完璧か?」と言っていました。メンバーから話を聞いていると、いろんな人の支えになっているそうで、毎回毎回小泉花陽だ…と思っています(褒めている)。そしてNEOの表現がとてもすこでした。ありがとうございますありがとうございます。

 

kk

なんていうか、すごく不思議な人だなぁと思います。そして未だによくわからないです。なぜ「あ」が好きなのだろう、ひよこがかじる前から好きだったから、それが理由ではないはず…とか考えてたら頭がおかしくなりそうです。ダンス中は表情と口パクしっかりしてるのが良かったです。現役JKだから映える映える。映えるといえば、カラコンの件本当にグッジョブです。次はもっと多くのキャストにつけて欲しいので、また布教よろしくお願いします。

 

とれーどおふ

もはや言うまでもないけれど、さすがの実行力とエネルギーでした。なかでもカガライブと輝日株式会社さんを繋げてくれたことは特に大きかったかなと思います。ライブ配信の強さだけでなく、キャスト及びスタッフのモチベ向上が見られ、組織として強くなれたように思います。今回はコロナの影響で開催が危ぶまれていましたが、的確な対応と自分に責任を集める仕組みのおかげで、メンバーが安心できたところはあると思います。本当にお疲れさまでした。

 

咲帆

希役を降りたおかげで梨子役のクオリティが上がったのかなーとか思ってたんですけど「専任になったから衣装の仕事してる」とか言っててびっくりしました。本番近くなっても夜遅くまで縫い物をしていたり、物販の準備をしていたりと活躍してましたね。キャスト兼スタッフがまた増えてしまった…。密会やらでどんどん仲良くなれている(と思っている)ので、またこれからもよろしくお願いします。次はいつ帰ってきますか?

 

Miz.K

みずけーさん!初期メンの卒業公演(?)を見るのは初めてで、なんだか不思議な気持ちになりました。みずけーさん、普段あんまり話さないのに突然MCでエモーショナルな発言をすることについてどう思っていますか。泣きますよ。さて、今回の君ここも見事な跳躍でした。会場中から歓声が上がってるのを聞いて、思わずどや顔しちゃいましたね。カガラの活動を一緒にできるのは今回が最後かもしれませんが、今度は一緒に客席からイベントを作っていきたいです。

 

たけまる

1stからずっと見てるから、ダンスの上達ぶりに感動してしまいました。金大祭前日の夜遅くまで大学構内でノーブラの練習してたこと、覚えてますかね。やってもやってもうまくできなくて、ずっと練習していたのを見てました。僕の知らない間にいっぱい練習したんだね。頑張ったね。そして足は大丈夫ですか。4th現地してた友達が「花丸役の子ステージから落ちてたけど大丈夫!?」と心配していました。治ったらまた踊って元気な姿を見せてやってください。

 

ももか

MCの言い回しや衣装やウィッグ、今回とても様になっていました。一言でいうとかわいい。まじで。残念ながらブロマイドは手に入らなかったので、再販を待つことにします。3rdが終わってから「ももかは他の人が遊んでる時にもずっと練習してる」と各方面から聞いていたのですが、ツイートを見たりラフェスで話したりしていると納得せざるを得ませんでした。とても真面目に取り組んでいるんですよね。推し増しの機運。

 

Yume

今回は留学やらコロナやらでカメラ係になって、キャスト出演できないながらもカガラに貢献しようとする姿勢がとても好きでした。けど、また踊ってる姿が見たいなぁと思います。繊細そうだから崖でいじるのはやめよう…とか思っていたら、自分からネタにしてて「まじか…」となりました。人を見た目で判断しちゃいけませんね。そんなことがあったので、いま気になるカガラメンバーの1人です。

 

Sotamaki

今回は演者をやめて初のライブでしたが、スタッフ内でも立ち位置を確立させててかっけぇ…と思いました。WEBサイトは本家に寄せてかつカガラらしさ溢れる出来で、素晴らしい、かっこいいの二言でした。本番が近づくにつれてリーダーシップを発揮して、今回のステージ演出はあなた無くしては作られなかったと本気で思います。眼鏡に上下黒の細身シルエットっていいですよね。ちょっと憧れちゃいました。今後やりたいこともあると聞いたので、またステキなステージを作ってくれたらなと思います。

 

かっきー

かっきーをカガラに入れたのは僕だと言っても過言ではないんですけど(過言)、なんだか最近僕よりもカガラメンバーと一緒にいて、羨ましさでキレています(キレてはない)。でもそれってつまり、多くの時間をカガラに割いてくれてるってことなんですよね。ジャンカラで交流の場を設けたり、たくさん車を出したり、縁の下の力持ちって感じです。他の人の手が回らないところを程よく埋めてくれている感じ、とてもありがたく思っています(お前が言うな)。

 

そのちーさん

物販担当、自動車での送迎等々お疲れさまでした。忙しい中でも練習に顔を出したり、各種イベントで交流してくれたりしたおかげで、メンバーに年齢差を感じさせず、接しやすい大人になったのかなと思っています。僕の今後の人生に役立てたいポイントです。とても個人的な話ですが、今週末名古屋来ます?え?来ません?来ましょう!!みんなでお寿司!!!!!!!!!

 

ちーくゎーさー

しらすお疲れさまでした。その際には強い言い方したりマウントとったりしてすみませんでした。実は少し反省しています。そして、誘ってくれてありがとうございました。いろいろ思うところがあって、やってよかったかはまだわかんないんですけど(遭難したしね)。それでも間違いなく楽しかったし、見た人が褒めてくれるのは嬉しかったです。次は富士山に登って、2人で頂に立ちましょう。

 

灯火

音響だけでなく、機材系もろもろお疲れさまでした。いつも冷静で、メンバーはなんだかんだそこに助けられてるんですよね。でもカメラ爆レスもらってたのだけはどうしても許せません。分けろ。最近Twitterやリアルで話す機会が多くなってきたように感じていて、それが嬉しい変化です。なぜか練習に顔出してくれてるし。僕はボケ専なので適当に突っ込んでくれると喜びます。よろしくお願いします。

 

ななみぃ

マジでお世話になりました。マジで。しらすの動画と4thではいろいろ貸してもらっていろいろ作ってもらってメイクしてもらっていやほんとマジで。撮影、練習、本番では時間意識はもってるんですけど、やばいなーと思いつつ流されることが多いので、あなたの存在はとても頼りになるのです。ダメ男ですね。叱られたり塩対応されたりくすぐられたりで常に恐れているんですけど、なんだかんだでカガラのこと大好きなところが好きです。

 

ぱかぴ

ブログよんでボロボロ泣いてしまいました。今も入力しながら泣いてます。最年少なのに全員に、親しい人にすら気を使って、みんなが笑顔になれるように頑張っているところが好きすぎる。あと単純に言ってることがおもろいので笑ってしまいます。そして本番ではかっこいい写真撮ってくれてすごく嬉しかったです。潜在能力を限界まで引き出してもらった感あって、15代前の界王神かよ…って思いました(伝わる?)。

手伝えることあったら何でも言ってね。

 

みつ参謀さん

カガラ以外の私生活で大変なことが多いと耳にしますが、4thではそれを感じさせないくらいにしっかりとスタッフ業務を行っていてさすがだなと思いました。僕もいい意味で若く、いい意味で大人な存在になりたいですね。さて、今回のライブではキャスト全員にお手紙を書いておりましたね。皆さんとても喜んでおられました。僕も喜びたいので書いてください(圧) よろしくお願いしますw

 

 

輝日株式会社さん

ひれ伏しました。当たり前なのかもしれませんが、問題が起こった際の対応力、撮影技術、スイッチング等々のレベルが高い高い。まだ大学生なんですよね?負けてられない…!

YouTube live見たんですけど、ガチLVでビビりました。正直現地よりLVの方がいいって人多いと思います。わろた。

 

 

こんなもんですかね。所属してるけど話したことない人は今後何らかの形で会えたらいいな~などと思っております。

以上、メンバーに対してのお気持ち表明でした。

 

2月

 こんにちは、あおです。

 

気温の変化が激しい時期ですが、体調を崩していませんか?

コロナに負けていませんか?僕は負けそうです。

 

では今月のことをちょこっと書きます。

 

鹿角聖良になった

知っている方は知っていると思いますが、僕の趣味のひとつにコピユニがあります。ラブライブに登場するキャラクターと同じような衣装を着て、振りを真似て踊るあれです。(実は見るほうが好きです)

昨年の11月頃に、ちーくゎーさー(@citrus_NaCL)が「Saint Snow踊りたい」と言い出したので、一緒に踊ることにしました。僕は聖良さん役になりました。そして、協力してくれた3人の方と一緒にこそこそ準備を進めて、2月の頭に動画を撮影しました。せっかくなので貼っておきますね。

 

www.youtube.com

 

相変わらず下手くそなんですけど、前よりはちょっと上手くなったかなぁと思っています。どうでしょうか?

グループを結成してTwitterアカウント(@Citrus__Snow)も作ってみたので、もし気になる方がいればフォローなりしてください。 と形だけの宣伝をしておきましたが、今後の活動が決まってないのでどっちでもいいです。

 

2度の帰省

今月は調子に乗って2回も石川県に帰ってしまいました。なかなか痛い出費です。前述の動画撮影で1回、あとはノリで1回。1回目に帰ったときに、富山県の山道を通っていたら雪が降ってきました。そんで気にせず走っていたら車が動かなくなりました。人生初の遭難です。なんか圏外でスマホは使えないし、寒いし、ガソリンもないし。サマータイヤのFR車でこの時期の北陸に突撃したのがそもそも頭悪かったのですが、あそこまで動けないとは思っていませんでした。車の外に出てちょっと歩いてたらスマホが復活したので、金沢に住んでいた友達を呼んで助けに来てもらいました。これが午前1時くらいの出来事です。牽引されるのも人生初でした。車校の授業ちゃんと受けててよかった。帰りは北陸自動車道を通りました。冬はこちらのほうがいいですね。

 

2回目の帰省では金沢の友達とずっと一緒にいました。出会って4ヶ月くらいしか経ってないのに、いつの間にか仲良くなってて嬉しかったです。あとはコピユニの練習に顔を出してみたり、夜中に福井の友達を誘拐したり、実家に帰ったりしてました。今年は暖冬で雪も少なく、自動車で地元に帰ることができたので最高でした。ずっと雪降らなくていいです。

 

 

お仕事とか生活について

先月まではブラック企業勤めで死にそうみたいな話をしていましたが、今月は職場が変わってホワイト企業になりました。同じ会社なのにね。バスで片道1時間半かかっていた通勤は、自転車で15分になりました。毎日時間いっぱいまで頑張っていた残業は、ほぼゼロになりました。同じ会社の工場でも、配属されるグループによってここまで変わるものなんだなぁ、と感じる日々です。でも頭使わない仕事なので暇でしょうがないです。はやく実習を終えて元の職場に戻りたい。

最近は家に帰ってくるのが17時半とかその辺なので、忙しかったころにはできなかった料理の練習を始めました。引っ越しして専用キッチンも手に入れたしね。仕事が終わってからその日の晩御飯を考えて、材料と作り方を調べて買い出しから行う、といった流れです。何を作ってもそこそこおいしいので、バカ舌はお得です。

 

 

 

 

 

はい!

書きたいことまだあるんですけど、ちょっと時間ないのでここらで終わりにしときます!

ありがとうございましたー!!!(雑)