aobox’s blog

140字の限界を超えて

10月

こんにちは、あおです。

 

さてさて今月分です。

今回は3つのことを短めに、適当に書いていきます。

 

 

1つめ

今月はカロリー旅に行ってきました!

カロリー旅というのは、私含む同期4人が定期的に開催するグルメツアーです。今回のツアーはラーメン屋、抹茶スイーツのお店、ステーキのお店という流れで行われました。ちなみに日帰りです。

これマジで幸せなんですよね。自動車に乗って会社のこととか適当に話しながら行きたいお店を回るんです。お腹が一杯になったらスーパー銭湯に寄ってお風呂入ってアイス食べながら漫画読んだりするんです。

社会人の遊びってお酒かボーリングかカラオケだと思うんですけど、それってあんまり休めないんですよね。だからこそ、このカロリー旅を疲れた大人たちにおすすめしたいです。飲み会で愚痴を言いながら過ごすくらいなら、絶対にこっちのがいいんで。

周りに暇人がいなかったら私が付き合いますね。誘ってください。

 

ナチュラルに打ち間違えたんですけど、普通の社会人は休日に地質調査なんてしませんね。すみません。

 

2つめ

12日に自動車を買いました。NBロードスターってやつです。(調べなくてもいいよ!)

かなり昔の車で、荷物も全然乗らなくて、安っぽい作りで、2人しか乗れません。保険の条件とかも良くないです。

 

…なんで選んだのかって?そんなの決まってます。

「おもしろそう」だから!!!!!!

私が結婚できるかはさておき、2人乗りの自動車なんて独身しか乗れません。安っぽい自動車なんて20代しか許されません。知らんけど。

というわけで利便性とか全部捨てて選んじゃいました。テヘペロ。選び方が完全に頭悪いですけど、これ以外にもそれなりにちゃんとした理由があって選んだので、心配しないでくださいね笑

 

ちなみにこれ、オープンカーです。内浦を走るのがめちゃ楽しみなんすよね。

 

3つめ

13日に21歳の誕生日を迎えました!

お祝いしてくださった方々、ありがとうございました!!

 

適当なツイートで報告したのに、リプとかいいねとかいっぱい貰えて嬉しかったです。

LINE交換してる人はそっちでもお祝いしてくれて、嬉しかったです。

台風で愛知に帰れなくなってそたまき(@kyudobu_0421)の家に泊まってたら、夜中なのにみんなが遊びに来てくれて、ハピバの歌も歌ってくれてて、嬉しかったです。

見てないかもしれないけど、同じ学校の友達。卒業してからもこうして祝ってくれて、繋がっててくれて、嬉しいです。

 

もう大人なのに、会社以外ではずっと遊んでてやばいです。姉からも「しっかりとした大人になれ」とLINEをいただいています。あんたに言われたないわ。

何かしら将来のためになることをするべきなんでしょうが、誘惑に負けて今もパソコン触って遊んでます。そろそろ心を入れ替えなきゃいけないっぽいので、誰か私と入れ替わってくれませんかね。東京のイケメン男子にしてくださ~い!!

 

ふざけてたらちょうどラブライブ三昧が終わったので、TLが落ち着いたくらいに投稿して別の記事とか書こうかなと思います。今月中に書ききりたいやつがあるので、ちょっとずつ進めていきたいですね。

 

読んでいただきありがとうございました!!

ではでは~✋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月 その②

こんにちは。あおです。


月イチ投稿とか言っておいて、今月2つ目のブログです。よろしくお願いします。


さて。

今回は身の回りに起こった3つの出来事について、それに対して起こった私の気持ちの変化について、お話をします。



姉の結婚

先週、ちょっとした用事で石川県の実家に帰りました。色々あって夜中に帰宅したので、翌朝のおはようの挨拶とともに愛する家族と顔を合わせました。何気ない雑談をしているなか、母親が唐突に放った一言。

「そういえば○○(姉の名前)、結婚するらしいよ」

…?……えええええええ!!??

さすがに突然すぎます。なんでそんな「今日のご飯は…」みたいなノリで言うんですか。あなた蚊に刺された時とかの方が盛り上がってるでしょ絶対…


そういうわけで、姉が結婚するらしいです。朝起きれないことくらいしか弱点がない人なので、結婚してもうまくやっていけると思います。ちなみに私は相手の男性と会ったことはありません(写真も見たことない)。なので結婚式で初エンカとか全然ありえそうな勢いです。ちょっと楽しみです。



⑵初体験

初めてエロゲというものをプレイしました。


〜エロゲとは〜

エロゲとは、狭義には年齢制限を持つアダルトゲームのうち、その制限(一般には18禁)のな理由が性的表現(セックスシーンなど)があるために年齢制限されるゲームのことである。


上の文はググってコピペしてきました。なんだか難しいですね(>_<) 私のような純情な方の為に簡単に言うならば、エッチなシーンがあるゲームの総称です。きゃあ。


何年か前に、私の家に友達が遊びに来ました。その時に「これ面白いから」と、わざわざソフトを持ってきて私のパソコンにインストールしてたんですよね。当時は興味もなく若干の偏見を持っていたため、プレイすることはありませんでした。しかし今月、ふと思い出してプレイしてみることにしました。

結果から言うと “想像の数倍良かった” です。涙腺ゆるゆるマンの私だからか、自然と目が潤んでしまいます。そして主人公とヒロインが好き合っている空気感、たまらん…!

皆さんも一度、偏見の目を捨ててプレイしてみてはいかがでしょうか?世界が変わるかもしれません。



⑶転生

学生時代の友達と久々に会うと、みんな何かしらの変化があります。仕事を楽しんでいる人、休日出勤してる人、病みそうになっている人、etc…

その中で1人、生まれ変わったんじゃないかと錯覚するほどの変貌を遂げたヤツがいたので、そんな彼のお話をします。仮にS君としましょう。

S君はクラス随一のオタクでした。アニメやゲームが大好きで、休日は部屋に引きこもっているようなタイプです。そんなS君ですが、就職した会社の同期に仲のいい女の子ができました。珍しく趣味が合って、一緒に映画やライブにも行きました。S君はその頃から、「もっとカッコよくなりたい」と思うようになりました。

S君はオタク気質なので、オシャレの方法をとにかく調べて知識をつけていきました。そして先日会うと、S君はモテ男になっていました。見た目は完全にイケイケボーイで、心底カッコいいなと思いました。実際に、名古屋の街を歩いてたらスカウトを受けたらしいです。あの頃の…他人のパソコンにエロゲをインストールしていた頃の彼は、一体どこに行ってしまったのでしょう?





⑴,⑵,⑶とお読みいただきありがとうございます。

私はこれらの経験を通してこう思いました。


モテたい。


姉は好きな人と結婚してめっちゃ幸せそうな顔してるし、エロゲの主人公とヒロインのイチャイチャ感は羨ましすぎるし、S君くらいにカッコよくなりたいと思いました。

なので、いい男になるために少しずつ努力をすることにしました。せめて人並みになりたいので。

快適さで選んでいた服も ある程度は見かけを気にしたり、眼鏡ではなくコンタクトをデフォルトにしたり、ワックスとか使ったり。

性格はすぐには変えられないと思いますが、少しずつでも意識していこうと思います。何かを話した後に反省することが多いので、そこを直せたらな、と。



というわけで。

「これからいい男になるために頑張ろうと思った」というお話でした。

三日坊主にはなりたくないので、こうして宣言することにしました。応援よろしくお願いします。


おわり

9月

こんにちは。あおです。


もう9月になりましたね。ちょうど1ヶ月前くらいに「夏休みだぜ!でも彼女いねぇ!」みたいな内容のブログを書きましたが、それもついこの間のことのようです。

知る人ぞ知る情報なのですが、そのブログを書いてる時にちょうど合コンのお誘いが来たんですよね。誰も興味なんてないとは思いますが、一応結果と感想を書いておきます。

合コンの日取りは9/8(日)でした。聡い読者様はこの日付にピンと来ると思います。そう、私が名古屋で参加したリアル脱出ゲームの翌日です!私は合コンを控えたイケイケ男子であることを隠して、オタクの巣窟に足を運んでいたのです。すみません調子こきました。本当はこんな事が言いたかったわけではないんです。8/9(日)というのは…そう、関東を襲った台風の日の夜です。そんな日に予定されていた我々の合コンですが、会場は静岡でした。直撃ではないものの、台風の進路には違いありませんでした。故に、大事をとって延期することとなりました。……なんでだよおぉぉおぉ!!!!せっかく予定空けて(暇だった)、ボディソープも新調して(無くなったから)、髪も切った(邪魔だったから)というのに。学校祭中止の危機からも脱出できなかった私に、合コン延期の危機からも脱出させてくれない。なんて世界だ。きっと、神は私を見捨てたんだ…。私は髪を捨てたけど…(?)

そんなこんなで合コンは延期となりました。再び開催されて、そしてもし気が向いたらブログに感想でも書こうかと思います。お楽しみに。

本当は脱出ゲームのことも色々書きたいんですけど、私にはネタバレせずに語れるほどの力がないので割愛させていただきます。

プライベートの変化と言ったらこれくらいですね。近々もう少し大きめの変化が訪れる予定です。乞うご期待。


次はお仕事のことを書きます。配属されてから3ヶ月ほど経ち、だんだんと職場にも慣れてきました。以前の記事で触れた上司さんですが、なんと私の練習している楽器と同じものを持ってたんですよね。聞けば経験者だとか。そういうわけで、最近は音楽の話が出来るようになりました。だんだんと距離が縮まっています。嬉しい。

今までほとんど褒めてくれたことのない上司でしたが、実は影で私のことを褒めてくれているらしいです。会社のいろんな人が参加する飲み会を終えた後、同期のみんなが口々に「○○の上司、めっちゃ○○のこと褒めてたよ」って言ってきました。わざわざ話しかけてまで報告されるって、どんだけ褒めてるんだ…と呆れつつ、また嬉しくもありました。なんで正面から言わんねん。ツンデレかよ。

上司と親しくなるにつれて、だんだんと仕事の楽しさや幸せが増してきたような気がします。

先日私は、20人ほどのグループ向けに、とある資料を作りました。「これで資料作成の練習をしよう」みたいなノリです。そこからなんやかんやあって、結構偉い人(部で3本の指に入るレベル)がその資料を見てくれていたらしいのです。私が脱出に失敗している間に()

偉い人はその資料を気に入ってくれたようで、私たちの部署(200人くらい)のものにしようってことになりました。ついでに会社のポータルサイトに載ることになりました。草。

上司がそれをたいそう嬉しそうに話してきたので、「あぁ、この人は私に対して、直接的な言葉ではなくとも “褒め” てくれるんだなぁ」と思いました。正直これが1番嬉しい。

新入社員や若手社員って、こういうのがやる気に繋がるんでしょうね。私も偉くなったら部下や後輩をたくさん褒めてあげよう。

昨日だって、怪我で会社を休みミーティングを3つもすっぽかしたのに、みんな心配してくれました。今日一日サンダルで仕事してても許してくれました。同期はキレてましたが。

つくづく恵まれているなぁと思います。

会社で行われたストレスチェックのテストはぶっちぎりのA評価で笑いました。我ながらもっと苦しむべきだと思います笑




今回は(今回も)適当に文字を打っていましたが、平たく言えばこれは日記みたいなものです。私の好きなブロガーさんが「後で見返すために書くのもいいよ」みたいなことを言ってたので、月に1回くらいは日々の記録なんかを書こうかな、と思った次第です。

この瞬間の気持ちを後になって思い出せるように…いや、思い出せなくてもそれはそれで良いと思います。こういうのを書いとくって“良い”ことなんですよねきっと。そうして人は時代を生きていくのです。深そうなことを適当に書きましたが、正直何も考えてないです笑

いつか、充実しすぎて書く暇がない日々が訪れればいいな。…と未来の自分に適当に期待しつつ、筆を置こうと思います。


読んでくださった方、ありがとうございました!

新しいこと

こんにちは、あおです。


この夏、アホみたいに暑いですね…

雪国生まれの私には、この暑さはかなりこたえます。死にそう。


さて、今回は短めです。決意というか意思表明というか、そんな内容です。


就職して愛知に越してきてから、土日がやばいくらい暇なんですよね。「社会人になっても遊ぶ時間が欲しい!!」と、Googleで必死に完全週休二日制の企業を探して入社したものの、ここまで時間があるとは思ってませんでした。たぶん彼女いないからですね。

しかし、このまま土日をゴロゴロして過ごすのはあまりにも生産性がありません。楽しくもありません。だったらなんか新しい趣味でも始めようかな、と考えました。

こんな感じで、自転車とかカラオケとかブログとかバスケとかスクフェスとか、何にでも手を出してきちゃったんですけど。


それでですね、今回は楽器をやってみることにしました。

私はよくYouTubeで弾いてみた系動画を見ていて、原曲とはまた違ったメロディを奏でている投稿者さんに、ちょっとだけ憧れを抱いていました。と同時に、「こういう人たちは小さい頃から習い事とかしてたんだろ、今からじゃ無理かな」と諦めかけてました。

でもTwitterの世界にはここで諦めない人たちがいました。名前を出しちゃうと、月見さん、洋式さんです。彼らはラブライブのオタクなので、やりたいからやる!みたいなノリで楽器始めてました。まじかよ。


まだ20歳なのに諦めるのってもったいないよな。どうせ暇だしやってみようかな。楽器できたらかっこいいよな。ワンチャン女の子にモテるかな。絶対人生は豊かになるよな。

とか考えて、やってみることにしました。面白く楽しく生きなきゃ、あっという間に50歳とかになっちゃうんでね。怖い怖い。


というわけでとある楽器を買っちゃったので、少しずつ練習していこうかなと思ってます。結果は出ないかもしれませんが、しばらく経って私が楽器がどうとか言い出したときに思い出してくれると嬉しいです。

応援よろしくです🤘🤘



おとな

こんにちは、あおです。


時が経つのは早いもので、もう8月になりましたね。さてさて皆さん、この夏はいかがお過ごしでしょうか?海や花火に行って、リア充してますか?彼氏彼女と上手くいってますか?…は?許さん。

いろんな方がいて、人それぞれの夏の過ごし方があると思います。ちなみに私は仕事しかしてないです。休日は自宅に引きこもってゲームをしています。20にもなってこんな生活をしてて良いのでしょうか?って、文章を書いてたら合コンのお誘いLINEが来ました(ガチ)。どうしましょう…


さて、前置きが終わりました。

今回は「おとな」について熱く語ろうと思ってスマホを手にしています。嘘です。バス移動が暇なので適当にテーマ決めました。なので話題は二転三転すると思います。



それでは行ってみましょう。


最近、久々にマイナスの方向に感情が動いたんですよね。いま思えば大したことはないんですけど、その時は自分でもびっくりするくらい頭に血が上ってました。誰しも経験したことはあると思うんですけど、耳が熱くなるアレのことを言ってます。


私は今年の春に新入社員としてとある会社に入って、今もその会社で働いてます。新入社員ってことで私には担当の上司がついてます。基本的にその上司と一緒に仕事をして、業務内容を学んでいくスタイルですね。

で、その上司。アホみたいな真面目な人なんですよ。たぶん。ペッドボトルを捨てるときにキャップとラベルを剥がしてる感じの人です。

私は自分のことを真面目な人間だと思っていますが(おい)、こんな人もおるんやなって思いました。そういう細かいところまで「ちゃんとしている」人なんでしょうね。だから、有能ぽいのにかなり残業してるんです。ちなみにその人の趣味は社内の部活動です。明らかにしゃちk…

私は会社の人とは友好関係を築きたいと思ってるんですけど、その人は「ちゃんとしている」から、仕事中に変な話とかできないんですよね。あんまり笑ってくれないし。だからその人との雑談はさっきの部活動のことだったり、私の趣味(自転車と言ってます)の話だったり。一歩踏み込んだ会話はしてくれないしさせないって感じです。仕事中だったらそれが当然なのでしょうが、それではちょっと楽しくないですよね。

そんな感じで日々を過ごしていて、先日事件が起こりました。事件ってほどじゃないですけど。


普通に仕事してるときに、その人が私に「これはこうするんだよ」みたいな感じで作業を教えてくれました。しかし、習ったやり方でやってみたところで私は上手く出来ませんでした。そして、ちょっと怪我しそうになりました。なので私は自分の考えのもと「こっちの方が確実だし怪我もしないな」と思った方法でやったんですよね。そして、上手くできちゃったんですよね。そしたら、それを見てた上司が「なんで教えたやり方でやらないの?」と言ってきました。私は「教えてもらったやり方では上手くできなかったから、こっちの方がいいと思ってやった」的なことを伝えたところ、それに対し上司は「そんなの最初から上手くできるわけないじゃん」と言いました。回想終わり。


上司は「ちゃんとしている」人間なので、そのまた上の上司から教わったやり方を信じきっている。そして、自分が「ちゃんとしている」という自負があるからこそ、新入社員の言葉など戯言にすぎないんじゃないか。

…みたいなことを思っちゃったんですよね。その時。

以前にも会社のルールに対して質問したことがあって、その時は「君がこれまで何を学んで来たかは知らないが、ここは会社だから会社のルールに従え」って言われてたんですよ。

「自分で納得して仕事を進めろ」って言ってたのになんだそれは!とか思ってるんですけど、ここは会社定型文を聞きたくなくて、今回ははいはい言っておくことにしました。



自分の行動と感情を客観的に見ると、悪いのは確実に自分なんですよね。なぜなら、言われたことと違うことをやったのですから。どれだけ自分が正しいと思っていても、良いことをしたわけではありませんから。私は自分の考えに自信を持っているわけではありませんが、何かが違っているなら徹底的に論破して欲しいんですよ。だけどその段階まで行っちゃうと私の望む上司との友好関係からは遠ざかってしまうんですよね。うーん、難しい…


他人とこんな雰囲気になった時、私は相手の気持ちを考えます。得意じゃないけど、一生懸命考えます。

自分が上司だったら何を思うか、新入社員の若僧にこんな態度を取られてどう感じるか、をたくさん考えました。

みたいな話を同期にしてたら、「○○さんは自分で教えるの苦手って言ってたよ。ナイショだけど。」って話を聞いちゃいました。

そういえば、この前の新人教育も練習したって言ってたな…

そう思うと、いろいろ見えてきたような気がします。

ちゃんとしなきゃいけないから、仕事中にくだらない話をしちゃいけない。ちゃんとしなきゃだから、正しさに溢れる定型文で教えなきゃいけない。そうしなきゃ示しがつかない。こうしてちゃんとしてきたから、自分は正しいはずだ。

こんな感じなんでしょうね。たぶん。

新入社員のために練習までして正しい姿を教えてやろうと努力したのに、異論を唱えられたら私だって嫌にもなります。

なんだか申し訳ないことをしたな…と思いました。




そうして考えているうちに、こうやってわかった気になること自体なかなかに失礼だなとも思いました。

今回の本題はこれです()


自分より歳下の…例えば中学生男子くらいの考えてることってなんとなくわかりますよね。そして、わかっちゃうのが嫌なことってありますよね。

自分がこれまでに経験してきたからこそ、こういう意図があってこの言動をするんだなってのがわかる。みたいな。そして意図がわかるからこそ、その浅はかな考えと明確な悪意に腹が立つこともあります。まぁこれは伝わらなかったら伝わらなかったでいいのですが。


今回の上司との一件はそれに近い感じで嫌だったんですよね。最初の一言で言いたいことがほとんどわかるってことが多いんで、はいはいわかってますよって感じで聞いちゃうんだと思います。しかし上司は私より10歳ほど歳上で、さっきの中学生男子のような感じになるのはちょっと違うかなぁ…と思います。この文章を読んでくれてる奇特な方でも、そろそろ意味わからなくなってそうですけどw

要は、歳下の考えはわかるけど歳上の考えはわからんはず!って趣旨の話です。だから歳上の気持ちなんて想像できんのですよね。たぶん。知らんけど。もしかしたら精神年齢的な話かもしれん。


(疲れたので唐突に)おわり。



なんだか気分の悪い話をしてしまった気がしますが、最近の私の頭の中はこんな感じです。まとまらないくせにいろんなこと考えちゃうんですよね。まぁでも、これからも定期的に書いて自己の振り返りでもしようかな。


ではではみなさん、連休楽しみましょう!!

あざっした!!

「感動」を使いこなすには

どうも、あおです。

 

そろそろ5thライブです!!!

テンション上がってきましたね!!!!

 

 

 

というわけで(どういうわけだ)

ちょっと最近の考え事を文字にしたくて筆を取りました。

 

それと、ぶろっくさん企画の #終わらない夢見よう というタグ企画があったので、それにこっそり参加させてもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが質問です。

 

 

Q、あなたはこれまで、ラブライブ!シリーズで感動したことはありますか??

 

これは期待に過ぎませんが、大半の方は「ある」と答えてくれると思います。

 

 

 

それでは2つ目の質問

Q、なぜ感動したのですか??

 

 

…どうでしょう、うまく答えることができたでしょうか。

 

この質問について自問自答してみたのですが、私の場合「ここが良いから!」みたいな、面接したら100%落とされる答え方しかできませんでした。

 

そもそも私は、アニメやライブを見るたびに「感動した!」「エモい!」「やばい!」などと語彙力が微分されたような感想をつぶやいています。答えきれないのはわかりきっていました。

 

 

では、そもそも感動するってなんなんでしょう。

どういったときに起こる現象なのでしょう。

 

 

気になったのでググってみました。

先生によれば、感動は主に以下の3つの要素によって成り立っています。

 

①積み重ねた知識

想像を超えること

共感

 

ひとつずつ説明していきます。

 

 

①積み重ねた知識

人間が感動するためには知識が必要です。

例えば「弱小野球部が必死に練習して甲子園で優勝!」で人は感動します。

甲子園で優勝することの凄さを知識として持っているからです。

 

逆に「全日本 読み聞かせ大会 入賞」とかだったらいまいち凄さがわかりませんよね。

私たちには全日本読み聞かせ大会の知識がないからです。

ちなみにそんな大会は私の調べた限りでは存在しません。

 

 

②想像を超えること

人は想定外の出来事が起こると強く感動します。

要は「サプライズに弱い」のです。

誕生日にこっそり準備してお祝いしたり、フラッシュモブでプロポーズしたり…

そんな感じです。

 

ここでポイントなのが「想像を超えること」です。

誕生日に家に帰ると電気が消えている…

そんなとき、当事者はなんとなく察するはずです。

しかし、そこからさらにプラスα(例えば、ほしかったゲーム機をプレゼントされるとか)のサプライズがあると期待を上回り感動させることができます。

 

 

 

③共感

これは感覚的にわかりやすいと思います。

人間は共感によって、自分以外の出来事を自分のことのように感じます。

ドラマで辛い境遇にあっている主人公を見ると辛くなるようなものです。

 

そして、自分が同じような境遇を経験していると、なおさら共感が大きくなりますね。

「歳を重ねると涙もろくなる」という話を耳にしたことはありますか?

 

それはまさに共感によるものです。歩んできた人生が長い分、自分の経験と似たようなできごとが起こりやすくなるためです。

 

 

これに近い内容なのですが、最近Twitterで興味深いツイートを目にしました。

以下がそのツイートです。

https://twitter.com/vjoe/s

 

私はこのツイートを読んで、とてつもなく納得しました。

これが先程の ③共感 にあたることだと思います。

 

 

私の話をしますが、最近とても涙もろくなりました。

先日も、とある部活もののアニメを見ていると、突然胸が苦しくなって涙が出てきました。

数年前に同じ作品を見たときはそんなことにはならなかったのに、今では毎話のように涙を流してしまいます。

 

その間で自分に起こったことを振り返ってみると、やっぱり考えられるのは部活動の経験でした。

今までの人生にないくらいにひとつのことに時間を捧げて、一生懸命頑張りました。

そうして本気で戦ったのに、1回戦で負けました。

友達が遊んでいる間も、必死に練習したのに。

勉強もほとんど捨てて、成績まで落としたのに。

 

もう諦めようと思ったけれど、やっぱり勝ちたかった。

だから頑張って続けて、それが認められて部長になって

翌年、優勝しました。

 

 

 

こんな経験をしたからこそ、作中のキャラクターに激しく感情移入するようになったんだと思います。だからすぐに感動して泣いちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

最初の問いに戻ります。

 

Q、なぜ感動したのですか??

 

 

前述の3つの要素 ①知識 ②想像を超えること ③共感 に基づいて考えてみます。

 

①知識

ラブライブって知識があればこそ感動するポイントがめちゃくちゃあると思うんですよ。それ故にライトなファンからコアなファン幅広く愛されています。

わかりやすいところで言うと、μ’sメンバーの名前を知っているからこその僕光、みたいな。

あとはアニメの細かな描写に隠された意味だったり、物語と歌詞のリンク、振り付けの意味…などなど、挙げればキリがありません。

作品に近づけば近づくほど、より強く心が引き寄せられるようになります。

ハートの磁石ですね()

 

 

②想像を超えること

この要素もたくさん散りばめられていると思います。

よくあるのはライブでの発表ですね。最近はなんとなーく予想できるようになってきましたが、やっぱり毎度驚かされます。

だってね、5thがメットライフドームになるなんて想像できます??

まあこれは冗談なんですけどw

 

真面目な話、4thのオーケストラとか想ひととか、普通にびっくり演出じゃないですか。想ひとも来そうだなーとは思ってたんですけど、いろいろと驚いて泣いちゃいましたね…

 

 

③共感

私個人としては、この要素が非常に強いです。

先ほどの部活動の話もそうなんですけど、ラブライブって私たちが生きていく上で割と経験していることを描いていると思うんです。もちろん私たちがスクールアイドルをしているわけではありませんが、

何かしらの目標に向かって挑戦する、挫折する、立ち上がる…

これらの流れは誰しも経験したことがあるのではないかな、と思います。最終的に目標を達成できるかどうかは人によりけりであるため、2パターンあるのかもしれません。

 

廃校を救えた世界と、救えなかった世界。

その上で、本当に大切なことはなんなのかを教えてくれます。

 

自分の気持ちにしたがって、やりたいことをやること。

そうして頑張った経験は、決して無駄にはならないこと。

 

誰もが歩んできた道をスクールアイドルという形で再現し、その先で私たちがどうするべきかを教えてくれます。

本当に「人生の教科書」のようですね。

 

そして、その物語をよりいっそう身近に感じさせるためのライブをしてくれているのではないかと思います。

物語に沿った楽曲で、私たちにラブライブの世界を感じさせてくれます。

まるで、キャラクターたちがその場にいるように。

 

3rd埼玉1日目の「MIRACLE WAVE」では、私たちは固唾をのんで伊波さんを見守っていました。

練習を知らない私たちからすれば、それが彼女にとっての「挑戦」だからです。

 

つまり、彼女らの魅力であるシンクロパフォーマンスで再現しているのは、歌やダンスのみならず、ラブライブ!という物語そのものなのです。

 

さらにそれは、アニメの外でも起こります。

そう、「想いよひとつになれ」です。

 

完全にアニメから解き放たれた世界で、現実のAqoursだけのパフォーマンスでアニメの上書きを行いました。もはやアニメと現実、どちらが原初なのかもわからなくなりそうです。故に私たちは作品と現実の境界が曖昧になり、ラブライブ!という物語全てが身の回りで起こっているように感じます。

 

長くなりましたが、こうして共感による感動は増幅されていくのだと思います。

 

 

 

なんとなく、ラブライブ!で感動する仕組みについてわかったような気がしますね。

 

 

(そろそろ終わりますので、最後までお付き合いください)

 

 

さて。

今週末の5thライブなんですけど、タイトルはご存知の通り

 

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 5th LoveLive! ~Next SPARKLING!!~ ”

 

となっています。

 

 

この記事を読んでいるあなたは、このライブでどんな曲が披露されると思いますか??

私の推理によると、ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow に登場した楽曲が披露されるはずです。間違いない。

 

といった茶番は置いといてですね。

 

おそらくですが、「アニメとのシンクロ」は5thで最後になります。

劇場版にて、ラブライブ!サンシャイン!! の物語はいったん閉幕です。

 

μ’sのライブではアニメのファイナルと現実のファイナルが重なりましたが、今回は違いますね。単なる5番目のナンバリングライブではなく、アニメAqoursとしてのファイナルライブと考えておいた方がいいのでは?と思います。

 

 

 

 

なので、

 

①これまでのアニメやライブの思い出を携えて

②どんなパフォーマンスをしてくれるのか想像しながら

③彼女らの感情を深く考えて

 

思いっきり感動させられに行きましょう。

そうすれば、最高に楽しく思い出に残るライブになると思います。

 

 

 

 

 

 

それでは、まずは8日の1日目!!!

よろしくお願いします!!!!! 

近未来ハッピーエンド

こんにちは。あおです。

 

今回はタイトルの通り、「近未来ハッピーエンド」について。

私はこの曲がすごく好きで、なんで好きなのかな?って思ったので考えてみることにしました。とりあえずは近未来ハッピーエンド好き好きポイントその1:歌詞について書きます。妄想全開(DAY! DAY! DAY!)で自分の世界に浸る予定ですので、苦手な方はドン引きする前にこのページを閉じてくださいね。

 

 

 

さて、皆さんは「近未来ハッピーエンド」を最初に聴いたとき、どんな印象を持たれましたか??

 

私は「元気な曲だな」「ライブで盛り上がれそう」「あんちゃん…!!」という感想でした。おい最後のはなんだ。

 

とまぁ、なんとなく明るい楽曲というイメージでした。アップテンポですし、まるでコールしろと言っているような部分もたくさんあります。推奨はしませんが、ガチ恋口上?というコールも使えるそうです。

 

ですが歌詞を聴いてみると、どうやら100%明るい曲でもないようです。

というわけで、ここからは私の妄想ストーリーとともに歌詞を読んでいきましょう。

 

レッツゴーってことだねっ!

 

 

 

歌詞は赤色で書いていきますので、以後よろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりだけを目が追いかけてる

周りに人がたくさんいても ”ひとりだけ”

そんな恋を今してるんだね

隠さなくてもいいんだよ 応援しちゃうよ全力で

 

ふむ…。状況はおそらく「自分の好きな男の子が、別の女の子のことを想っている」ですね。主人公の女の子は男の子のことをずっと見ています。じゃないと男の子が誰かを目で追っていることには気づきませんからね。そして、男の子を想うその女の子は、あくまで「周り」なのです。ですが好きな男の子には幸せになってもらいたいので、自分の気持ちを抑え込んで男の子の恋を応援しようとするわけです。

 

 

近くに住んでいるの?(どんな人だろ?)

私もドキドキだよ

タイミング良きに告白しちゃうんでしょ?

ねえはやく ねえはやく チャンスはいつだろねっ

 

女の子は男の子の想い人がどんな人なのか気になって仕方ないみたいです。「本当にいい人なんだろうか」「私の好きな男の子に釣り合っているのだろうか」女の子は心の中でそう思っています。でもそれは当たり前の感情です。だって好きな人が取られちゃうんですから。だけど、女の子はそれを抑え込むように、少しも傷ついてなどいないように歌います。そして、その辛い時間から早く解放されたいために、心の中で男の子の告白を急かすのです。男の子が付き合っちゃえば諦めがつきますからね。

 

 

きっと伝わりますように(両想いのハッピーエンド)

だって幸せに笑うとこが見たいと思うんだ

きっと伝わりますようにってさ

願う私にも遠くない未来 出会いをくださいな

…でもそれはオマケだし

とにかく大事なのは君のその恋だよ ぜったい叶えて!

 

女の子は男の子の告白の成功を祈ります。自分が早く楽になりたいため、それ以上に、大好きな男の子に幸せになってもらいたいたら。女の子が願うのはオマケみたいな自分の幸せより男の子の幸せです。男の子の笑顔が見れるだけで、彼女の願いは叶うのです。

そして、彼女は新しい願いを胸に抱きます。それは、自分も誰かと両想いになること。こんなにも誰かを想うことができる私だから、報われて笑顔になってもいいんじゃないか」と、女の子は考えます。

 

だけどこれらは、女の子が自分自身についた嘘です。本当はまだ諦めきれていないのに、「もう踏ん切りはついて、新たな出会いに向かおうとしている」と思い込むことで、自分を騙し辛さを忘れようとしているのです。

 

 

ふたりきりで鼓動がはじけそう

想像してみるだけでこわい”ふたりきり”

そんな恋にいつか落ちたら

君にいちばん最初に 打ち明けるからね

 

きっと女の子は、男の子とふたりきりで過ごすシチュエーションを想像していたのですね。そして、再びそんな風に感じることのできる新しい恋をした時には、かつて大好きだった男の子に打ち明けるんだと心に決めます。「幸せになってやるぞ!」といった感じで。

 

 

次の手はどうするの?(もっと近づいて!)

私がハラハラだよ

エスしかないような告白しちゃおうよ

ねえはやく ねえはやく レッツゴーってことだねっ

 

女の子はまだ告白を催促しています。心の中でもっと近づいて!と本心にもないことを言っています。女の子からすると、自分をここまで惚れさせた男の子の告白は失敗するはずがないので、早く告白してこの辛い時間を終わらせて欲しいのです。

 

 

ずっと憧れてたんだもん(運命のハッピーラブ)

だから幸せになってみせてよ 困っちゃうくらいに

ずっと憧れてたんだもんとは

なんか言いながらも恥ずかしいな 恋ってステキだね

 

女の子は自分の心に正直になって、自分はやっぱり男の子が好きなんだと認めます。

と同時に女の子は、この気持ちこそがステキなものなんだと気づきます。

 

 

…ああいつか私にもその日が来るのかな

君が抱きしめる 恋がいとしい

 

女の子は自分の恋心はステキなものなんだ、と気づきました。同様に、男の子の恋心もとってもステキなものです。

女の子は、大好きな男の子のステキな気持ちを大切にしたいと思うようになります。

 

 

好きはどこからくるの?(いつのまにか?)

ハラハラドキドキだよ

タイミング良きに告白しちゃうんでしょ?

ねえはやく ねえはやく チャンスはいつだろねっ

 

きっと伝わりますように(両想いのハッピーエンド)

だって幸せに笑うとこが見たいと思うんだ

きっと伝わりますようにってさ

願う私にも遠くない未来 出会いをくださいな

 

…でもそれはオマケだし

とにかく大事なのは君のその恋だよ ぜったい叶えて!

 

女の子は当初、自分の本心に嘘をついて男の子を応援していました。

だけど、男の子が他の子を想う気持ちは、女の子が男の子を想う気持ちと一緒でした。

そして、それらは同じくらいステキなものだと気づきました。

 

今度は心から、大好きな男の子に幸せになってもらいたいと願うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構長くなっちゃいましたが、これらが私の感じたものです。

女の子の好きの気持ち、自分の中での葛藤、どちらの気持ちを優先するのか…

 

最初、私はこの曲を明るい楽曲だと感じました。

それは無理して明るく振舞っているのか、はたまた吹っ切れたのか。

考え方によってはすごく切ない曲とも取れますし、すごく前向きな曲とも取れます。

 

この曲では、これらの人間の複雑な感情をうまく織り交ぜ、言葉の力で表現していますね。


さて、近未来ハッピーエンド好き好きポイントその2以降は随時募集してます!

なんかあったら教えてください!!

 

というわけで

読んでくださった方、ありがとうございました!!!!